お肌の声を聞きましょう

これだけは押さえておきたいニキビ跡治療の種類について

ニキビをケアするニキビ跡治療には主にレーザー治療や薬品での治療といった種類があります。
レーザー治療は特殊なレーザーをニキビ跡に照射することで肌の赤みや黒ずみを消したり、
凹凸をフラットな状態へと導くことも可能な治療法です。

過剰に生成されたメラニンを薄くするというだけなく、年月が経って肌がクレーター状になってしまった
ニキビ跡に対しても、コラーゲンを再生させることで回復させるなど、レーザーの種類によって
様々な状態のニキビ跡に効果が期待できます。
改善の期待

薬品でのニキビ跡治療は、ハイドロキノンという美白作用のある薬品を使用します。

ニキビ跡は肌にメラニンが残留してできる症状ですが、ハイドロキノンにはそのメラニンを無色化して
排出させるという作用があり、ニキビ跡改善に効果を発揮します。
即効性はありませんが、連続して一定期間使用することで少しずつニキビ跡を目立たなくさせます。

肌への刺激性がある薬品ですので、使用は医師の支持に従って行います。

治療方法を考える上で意識しておきたい効果

現在進行形のニキビにはもちろん、厄介なニキビ跡にも効果的な治療法があるといいます。

ニキビ跡治療には皮膚科や美容クリニックなどで施す、おススメニキビ治療はレーザー治療が効果的です。
ニキビ跡は代表的な症状として炎症が完治した後の、色素の沈着やコラーゲン層の破壊による肌の凹凸が挙げられます。

ニキビ跡治療のレーザーはそのような患部に熱エネルギーを照射して、皮膚の再生サイクルを高める働きをします。
レーザーを照射することによりお肌の角質層に刺激を与えて、新しい皮膚組織が生成される作用を促します。
レーザー治療には様々な種類がありますが、ニキビ跡の症状に合わせて最適の方法を選択できます。
ニキビ跡の状態

またお肌の角質層に潤いを与えるホルモン治療も高い効果を発揮します。
ホルモンバランスが整うことでニキビ肌を保湿して、お肌のバリア機能を高めるので滑らかな美肌に近づけるといいます。

またニキビ跡治療には外科的治療の他にも、お肌の内分泌機能を向上させるビタミンCなどのコスメや内服薬などが処方される場合もあります。